家族

鼻づまりの対処法|辛いままにしないことが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

聴力の回復

耳

様々な種類

徐々に年をとると聴力が弱くなってしまう人が多いと言われています。しかし補聴器を利用すれば以前と同じような聴力を取り戻すことができるため、高い人気を集めています。補聴器には様々なタイプがあるため、自分に合った選び方をしてみることをおすすめします。耳穴型は小さくて目立ちにくく、特に人気があるタイプです。また耳かけ型は操作は簡単ですが目立ちやすく、ポケット型は操作が簡単ではあるもののコードが邪魔になってしまうことがあります。さらにメガネ型や特殊補聴器もあります。このように大きく分けると5種類の補聴器がありますが、こだわりたい点を見極めて自分に合った選び方をすることで満足できるものが見つけられるはずです。

難聴のレベル

補聴器を選ぶときには、目立ちにくいかどうかを選び方のポイントする人が多いかもしれませんが、難聴のレベルで選んでみることもおすすめです。90デシベル以上でなければ聞こえないという重度難聴の人には、耳かけ型やポケット型がおすすめです。ちなみに目立ちにくい耳穴型は、正常の人よりも少し聞こえにくいという人から高度難聴という幅広いレベルの人に合うと言われています。また片耳だけ使用するのではなく、両耳に使用することで様々なメリットが期待できます。まず第一に自然に聞こえるようになります。また騒音に強くなり音の方向がわかりやすくなります。さらに疲れにくくもなります。これらの点に注意したうえで、自分に合った選び方をしてみてください。